格安SIMを利用することのメリット・デメリットと肝心のSIMカードの選び方

CON_dokusyo15084750-thumb-1000xauto-13053

「スマホの月額料金を安くしたい!」

SIMカードに目をつけている人は大半の人がこの理由でしょう。

 

確かに料金は安くなった方がいい。最近ではSIMカードの話も聞くようになってきた。自分も使ってみよう!そう検討している人もいることでしょう。

しかし、素早い決断は身を滅ぼします。

よく考えてみてください。普通にスマホを使っていたら月額料金は月7000円ぐらい。でも格安SIMを使えば、月1000円以内に収めることもできる。

全てはこの料金の差が物語っています。その分のデメリット、ちゃんと理解しましたか?

 

SIMカードは使い方によってはかなり良い選択だと思うので、使う前にメリットとデメリットを理解しておきましょう。

格安のSIMカードを使うメリット

ぱくたそ3

月額料金が安い

格安SIMを使う上で一番のメリットは間違いなくこれでしょう。今では500円以内で使うことのできるSIMカードもあるぐらいです。

自分にあったプランを選べる

Businesman touching virtual screen

SIMカードをいろいろ見ている方は分かるかもしれませんが、その種類はかなり多いです。1つのSIMカードでも幾つかプランがあったりして選ぶのが正直面倒にもなります。

ただ、その分自分にあったプランを選ぶことができます。auやドコモなどのキャリアでは選ぶことのできなかったプランが存在するので、自分に合うものを探しましょう。

契約期間が緩い

auなどのスマホを使っていた方は2年以内で解約する場合は解約料として約10000円ぐらい取られます。ドコモでもソフトバンクでも同じだね。

でもSIMカードには契約期間がほとんどないと言ってもいいです。あっても数ヶ月とかなんで、自分に合わなかったら違うSIMを契約しよう!なんていう選択をすることもできます。

格安のSIMカードを使うデメリット

ぱくたそ7

SIMカードというとどうしてもメリットに目がいってしまいがちですが、デメリットは正直多いです。順番に見ていきましょう。

キャリアのメールが使えない

ドコモやau,ソフトバンクなどのキャリアのメールを使うことができなくなります。まあキャリアと契約していないんだから当然といえば当然ですね。

@docomo.ne.jpとかっていうアドレスを持つことができなくなるっていうことです。フリーのメールしか使わない、ラインなどのアプリで十分っていう人には問題ないです。

電話できないものが多い

stockvault-telephone-booth140845

SIMカードは音声通話に対応していないものが多いです。これはけっこう痛手なのかなーって思う。

ただ、中には音声通話に対応しているSIMカードっていうのもあるから、2台持ちとかしていない人にはそういったものがおすすめ。

 通信量制限がきつい

あんまり聞いたことはないかもしれないけど、通信料っていうものが誰のスマホでも計測されている。キャリアと契約している人は7GBを越えると通信がかなり遅くなってしまう。ネットサーフィンなんて遅くてイライラするし、動画なんてまともに見ることができなくなるね。経験したことがある人も多いんじゃないかな。

 

こういう経験をしたことがある人にはSIMカードはすすめられない。通信量はキャリアのアプリで簡単に見ることができるから見てみてほしい。この数値が〜3GBまでぐらいの人にとってはいいと思うよ。SIMカードの通信量のプランも1GBとか2GBとかだから自分に合ったものを選んでみて。

専用のスマホが必要

スマホ持ち

実はSIMカードは今までキャリアと契約していたスマホに突然差し込んでも使えるもんじゃない。SIMカードにあったスマホっていうものが存在します。

SIMフリーのスマホなんか最近聞くことも多いんじゃないかな。それがSIMカードを差し込んで使うことのできるスマホ!

今までキャリアで使っていたスマホは使えないの??って思うかもしれないけど、実はそうでもない。キャリアにSIMロックの解除を申請すればそのスマホでもSIMカードを使うことができる。ただ、SIMロックの解除はスマホの購入から一定期間が過ぎていたりしないといけないからちょっと面倒。SIMロックの義務化なんてものも進んでいるからこの先はSIMカードの利用もしやすくなってくると思うよ。

サービス

SIMカードを取り扱っているところは店舗を構えていません。ドコモやauのようにスマホの調子が悪いからドコモショップ、auショップに行って話を聞くことなんてできません。基本的に全てインターネット、電話経由です。

なので、契約する前に自分で色々知ってから使うことが大事です。

SIMカードの選び方

TSJK100_pockytaberu20150208143421500

SIMカードのメリットとデメリットについて少しは分かったでしょうか。分かった上でSIMカードを使いたい!と思ったのなら次はどのSIMカードを選択するかです。

選択する手順として

  1. 電話が必要かどうか
  2. 通信量はどれぐらい必要か
  3. 通信速度はどの程度がいいか

を考えましょう。

電話が必要かどうか

まずはSIMカードが入った端末で電話をすることが自分にあるかどうかを考えてみてください。なければ問題無し。あるようなら「音声通話が可能なSIM」を選択しましょう。

通信量はどれぐらい必要か

これを判断するには、自分が今どれぐらい通信量を消費しているのか知る必要があります。

それぞれのキャリアのマイページで自分の使用量を確認しましょう。

通信速度はどの程度がいいか

格安SIMの通信速度は、大きく分けて高速(75Mbps以上)低速(200kbps前後)の2種類があります。高速はキャリアで使っていた速度と捉えて問題ないです。低速は快適にネットをすることはできないと思った方がいいでしょう。

ここからSIMカードの詳細を調べて自分に合ったものを見つけるといいと思いますよ。

有名なSIMカード

参考までに少しだけSIMカードを紹介しておきます。有名なところなので耳にしたこともあるかもしれません。

OCN モバイルONE

ocn

マツコデラックスのCMで有名になったような気がします。

SIMカードの中では使っている人も多いんじゃないかな。

OCN モバイルONE、音声通話SIMのレビュー

OCNモバイルONE データ通信専用SIMサービスの使用感

b-mobile

スクリーンショット 2015-06-22 16.00.45
b-mobile。イオンと組んで格安スマホの知名度を上げたSIMカードですね。無制限の高速データ通信のプランがあるのが特徴。

b-mobile SIM 高速定額プランをAterm MR03LNで使っています

安さならb-mobile!その使い心地はいかに!?

mineo

スクリーンショット 2015-06-22 15.52.49

mineoは有吉のCMで知っている人も多いはず。サイトが分かりやすい。

mineoのsimをXperia ZL2にて使用。

有吉のCMで有名なmineoを使ってみた

まとめ

stockvault-portrait-of-a-boy150152

格安のSIMカードはキャリアと契約していた頃と比べてかなり料金が安くなるけど、その分通信量の制限が厳しかったりする。まあ料金の安さはかなり魅力的。

デメリットも理解した上で使うなら、かなりいい選択なはず。SIMカードにもプランはいっぱいあるから自分には合わないなーと思っても調べてみるといいかも。