WiMAX2+の評判とおすすめプロバイダを紹介

ぱくたそ7

どんな場所でも、通信速度に不満を抱かずにスマホを持ち歩きたいものですね。それを果たすのがwi-fiルーター、中でもwimaxやwimax2+に注目している人は多いのではないでしょうか。

今回はwimax,そしてwimax2+ついて書いていきたいと思います。長めですが、wimaxを検討している方は参考にしてみてください。

そもそもWiMAXとは?

wimaxまるわかり講座

WiMAXという回線

まずはWiMAXとは何?ってとこからいきます。

WiMAXっていうのはさっき書いたLTEとかフレッツ光とかと同じようにネットに接続するための回線のこと。

何が違うの?って思うかもしれないけど、それぞれ通信速度だったりエリアだったり違いがあります。

WiMAXの特徴

WiMAXの最大の特徴は速度制限がないところ。

スマホで動画をたくさん見ている人はわかると思いますが、通信料が月に7GBを越えると通信速度がかなり遅くなってしまいますね。

WiMAXにはその制限がないです。月にいくら通信をしても速度は制限されることなく、いつでも同じ速度。WiMAXを契約する人には速度制限に悩んで契約したっていう人も多いんじゃないでしょうか。

Wimaxのプロバイダ

プロバイダ

WiMAXにも取り扱っているプロバイダが沢山あります。まず、「プロバイダってなんだよ!?」って思う人もいるかもしれないのでちょっと書きますね。

ネットを見ると回線をインターネットにつなげる事業者って書いてあると思いますが、プロバイダっていうのは販売店だと思ってもらっていいです。回線を提供している会社があってその回線を販売しているのがプロバイダです。

実は元々WiMAXという回線はUQコミュニケーションズが保有しているものです。それを数々のプロバイダが売っているだけ。違うのは売っている会社によって少し値段が違ったり、キャンペーン内容が違ったりするだけなんです。

特にキャンペーン内容は各社によって違うので、自分に合ったプロバイダを選ぶといいでしょう。

Wimaxの接続の仕方

WiMAXの接続のしかただけど、小型のルーターを使うよ。

こんなの↓

wimaxルーター

これが通信環境を提供してくれる。家にルーターがある人なんかはイメージしやすいかもね。

契約したらこんなのが届いてスイッチを入れるとスマホやパソコンでネットができるって感じだよ。

なんとなくWMAXについて分かったかな?次はWiMAX2+について。

WiMAX2+とは?

WiMAX2+っていうのも回線の1つでWiMAXがさらに速くなったものです。ただ、注意としてこのWiMAX2+には速度制限があるってことは頭に入れておいてください。

Wimax2+のプロバイダ

WIMAXを提供していた、またはしているプロバイダは取り扱っています。

WiMAXを提供していたけど、今はWiMAX2+だけを提供しているってところもけっこうありますね。

WiMAXとWiMAX2+の違い

まず一番の違いは速さと速度制限があるかないかです。

  • WiMAX…速度はそこそこだが、速度制限はない
  • WiMAX2+…速さはあるが、速制限がある

選ぶ際には自分が何を重視するのかを明確にしてから選ぶといいよ。

WiMAXとWiMAX2+どちらを選べばいいの??

kid

WiMAXとWiMAX2+どちらを選べばいいのでしょうか?

 

WiMAX2+を選びましょう!

 

速度制限があるじゃんって思うかもしれませんが、WiMAX2+を契約すれば、WiMAXも使うことができます。オプションでau 4G LTEを追加することなんかも可能。ルーターで回線を切り替えて使えるので簡単です。

そもそもWiMAXだけを回線として取り扱っているプロバイダは少なくなってきていて、WiMAX2+とセットで提供しているところがほとんどです。こっちの方がお得ですもんね。

それでもWimaxがいい!

それでもWiMAXだけがいい!っていう人はどうぞ。ただ、その前に今後の使用エリアの推移を見てみてください↓

WiMAX エリア

WiMAXはどんどん縮小していくのでWiMAX2+の方がいいと思いますよ。

例として某プロバイダのWiMAX,WiMAX2+の契約はこんな感じです。

wimax,wimax2+契約

ちょっと多く払えばLTEも使えますね。

プロバイダは幾つかあるので自分の目で確かめてみるといいと思いますよ。

最初にも書いた通りプロバイダで大きく違うのは

  • 料金
  • キャンペーン内容

です。特にキャンペーン内容はかなり違うので何個か見てみた方がいいでしょう。

WiMAX2+の良い点をレビュー

WiMAX2+の良い点見出し

月額料金の安さ

利用の良い点は、やはりコストの安さです。月額3,700円の削減はインパクトあり過ぎます。年間では何と44,400円!

通信速度が格段に速い

まずは何といっても通信速度が従来のWiMAXと比較して格段に速いです。WiMAXは契約前に自分が利用する場所で使えるか、通信速度がどのくらい出るのかを試す事が出来るTryWiMAXというサービスがあり、15日間無料で機器を借りて試せるサービスがあります。

モバイル機器なので場所やその時の環境によっては上手く通信出来ない場合がありますので、契約する前に試す事が出来るのは消費者側からするととても有難いサービスですね。
実際の通信速度ですが、WiMAXを使っていた頃は最高でも約10Mbps程度だったのが、WiMAX2+だと20Mbpsを超える事が多く、数値的には約倍以上の速度が出る様になりました。
体感速度としても20Mbps近く出ていると全くストレスなく、Web閲覧や動画などもサクサクです。

モバイル!

当然ですがWiMAX2+のいいところはモバイルルーターであることです。引越しだろうが、出張だろうが、旅行だろうが、公共のWi-Fi環境を心配せずにネットが使用できます。最近はUQWiMAXのWiFi利用できるエリアも広く、そこそこ田舎でもまったく電波が入らないことはそう多くありません。

充電のもちも良く、付けっぱなしでも一日一回充電すれば十分利用可能でした。

お試しで使用できる

UQ WiMAXではTry WiMAXと称して15日間無料で試用ができます。自分の利用したい環境に十分な電波があるのか確かめることができるのは非常にありがたいです。

脱・キャリア回線

私の場合は某キャリアのネット使い放題のプランを解約し、家のネット環境とスマホの回線をWiMAXに一本化しました。
その結果、コスト削減になってお財布的にもありがたいことになりました。(少なくともD社ではキャリアメールをWiMAX経由で送ることは可能です。)

契約する際の窓口が多様

UQモバイルのサイトでインターネット契約もできますし、auや家電量販店などでも契約できます。月額使用料金はUQモバイルのサイトでのインターネットで契約するのが安いと思います。
しかしサポートが受けにくいとも言えます。auや家電量販店での契約であれば故障や質問などのサポートがすぐに受けることができます。
私は1台目auでルーターを契約していた時にルーターの使い方が分からず、通信速度が遅すぎたのでどうにかならないかauショップに相談に行きました。そこで設定を変えてもらったりと対処してもらったのでとても助かりました.

auスマートバリューに入れます

スマートフォンをauで契約していればスマートバリューに加入ができ、スマートフォンの月額使用料が割引になります。CMのうたい文句みたいですが。

通信モードを選べる

通信モードはハイスピードモードと、ハイスピードプラスエリアモードから選べます。ハイスピードプラスエリアにするとより広範囲のエリアでWiFiの電波を受信することができます。
ハイスピードプラスエリアはauの電波を使っているので、たいていの場所で使用できるようです。プラスエリアモードは月額使用料金が+1000円で使えます。
1か月だけでもモードの変更はできますし、ルーターの画面上で変えることができます。
私は普段はハイスピードモード使用ですが、実家が山間部で電波が使えないので長期帰省の時だけプラスエリアモードに変更します。

 WiMAX2+の悪い点をレビュー

WiMAX2+の悪い点見出し

通信速度は有線に比べて大分遅い

下り回線速度比較
・フレッツ:33Mbps
・au Wi-Fi HOME SPOT:14Mbps
・WiMAX2+:7Mbps

具体的にはPCのYoutubeで比較してみました。

・フレッツ  快適サクサク
・WiMAX2  映像が乱れる(音声は問題なし)

比較対象が有線になると、その差は歴然。しかし、家のPCもあまり使わないので、コストを取るかな・・・と思っていました。
外出時で気になった点は、地下鉄。外の電車ではつながりますが、電車が地下に入るとつながりません。最近は地下鉄の異動車両内でもauはつながるようになりましたので、まだそこまでWiMAXの通信エリアは追いついていない感じがします。

速度制限が設けられている

これはやはり使用した通信量に応じて通信速度制限が設けられている事でしょう。せっかく従来のWiMAXよりも高速で使えるWiMAX2+なのに、速度制限されてしまうとWiMAXよりも通信速度が遅くなってしまうというのはかなり辛い所。

 

WiMAX2+はひと月に7GBを超過した場合、また直近3日間において総通信量が3GBを超過した場合に通信速度が制限されます。
UQコミュニケーションズ公式HPでは速度制限がかかった状態の通信速度を128kbpsと記載がありますが、実際に速度制限がかかった状態で通信速度を図ってみた所、約1Mbps前後の通信速度が出ていました。

電源を確保しなければならない

ルーターはフルに充電しても一日なんて到底もちません。スマホ同様、常にルーターの充電具合を気にしなければなりません。スマホのおかげで日常的に電源の確保が習慣化されている方にはそれほどストレスでもないかもしれませんが(笑)

機器が壊れるリスクがある

ルーターは持ち運びするわけですから、安全な家の中で静置し続けるのに比べると圧倒的に壊れるリスクは高くなります。私の場合は携帯キャリアのメールもWiMAXに依存しているので、ルーターが壊れた時を想像するだけでゾッとします(汗) そこは大切に取り扱うという基本的なことを守るしかないでしょう。

電波強度

屋内で使用する場合は極端に電波強度が落ちることもあるので、電波を探して建物内を旅することもあったり不便な時も、、、
ルーターを試用できるサービスを利用して、ご自分の机、学校や職場、通勤通学路の電波状態を確認されることを強くお勧めします。

契約期間は2年間

私が一番気になったのは「2年縛り」が存在するところ。
例を挙げると、契約開始より1年以内に解約してしまうと19000円、2年目に解約すると14000円の解約金が発生します。

2年縛りを設定することによってルーター等を無料で手に入れることができる仕組みのため、仕方がない面もありますが、やはり実際に届いてどの程度実用的なのか、どの程度の通信速度が出るのかを確認できるまでは不安だと思います。WiMAXのサービスを提供するUQ コミュニケーションズでは「Try WiMAX」という、15日間WiMAX 2+を無料で利用できるお試しサービスを実施しているため、このようなサービスを上手に利用して、自分の環境でWiMAX 2+がどの程度利用できるのかを確認してから契約するのがいいですね。

WiMAX2+のおすすめのプロバイダ

WiMAX2+のおすすめのプロバイダ見出し

自分がおすすめするのはGMOとくとくBBニフティです。

プロバイダ毎に大きく違うのはキャンペーン内容なのでそこに着目すると大体この2つになるんじゃないかな。

GMOとくとくBB

GMOとくとくBB

料金が安く、キャッシュバックも文句無し。WiMAX2+の契約を考えるのなら見ておきましょう。

GMOとくとくBB WiMAX2+ 月額3,609円

 ニフティ

ニフティ

ここのキャッシュバックもなかなかのものです。@nifty お得なキャッシュバックキャンペーン

この2つはなかなかいいのでおすすめです。