ドコモ ポケットWifiからフレッツ光隼+Yahoo に換えてみて

やふー
Yahoo

切り替えを決断する

当時自分はNTTドコモのポケットWifi端末を利用していましたがエリアど真ん中にもかかわらず山と川がすぐ側にあり電波干渉し放題で速度が全くでない状況でした。
我慢をしながら利用するにも限度がありますので特典と速度重視で検討をしていた所、Y電気さんで切り替え応援5万5千円キャッシュバックの広告が入っており切り替えを決断しました。

良い点

TSJK100_pockytaberu20150208143421500

通信速度

まず最初に速度が段違いに違う事に驚きました。電波干渉もあり1Mbps出るか出ないかだった速度が40Mbpsまで跳ね上がりました。
HD動画なども止まる事無く視聴出来ますし、PC用の各種ソフト等のダウンロードもサクサク出来て快適です。
切り替えた当時は速度計測のHPの数字を見てるだけで楽しかったくらい段違いな状況でした。

通信安定性

通信の安定性も段違いです。Wifi端末特有のいつ切断されるかわからない恐怖を常に考えるだけでもストレスになります。
停電以外での通信切断は機器トラブル以外まず無い安定性はうれしい限りです。

速度制限

Wifi端末では毎月高速で使えるデータ量に上限が設けられています。切り替え後はそういった上限が無いのでPC、PS4、3DS、PS VITA、スマホを常時接続したとしても安心して利用できます。
最近の端末は更新がありますので上限があるとその更新を自動に設定していると気がついたら上限に行っていたりゲームなどの更新ですと大型な物で数ギガ~数十ギガで一瞬で上限に行くことも珍しく無いから上限なしの恩恵はとても大きいです。

悪い点

TSJ93_dekopin20150208144726500

初期費用

ポケットWifiは携帯会社に良くある3000円+税が初期費用のスタンダードだが【フレッツ光】の場合4500円の工事費+無線環境がいる場合、無線ルータを実費で5000~10000円くらいで用意しなくてはならない。

コストパフォーマンス

ポケットWifi利用時には月額約4000円が毎月かかっていました。切り替え後の月額は約4700円の700円アップとなってますが毎月700円高くなり年間8400円の出費がかさむ事になる。
ここで大きな落とし穴がある事に気が付かない方が以外に多いと聞く。ちなみに月額4700円の内訳は回線3500円+プロバイダ1200円となっているのだが回線の月額がNTTの場合2年間の限定的な割引が効いている価格となっている。3年目から500円が上がり4000円に跳ね上がりその後毎年100円ずつ下がっていき最終的に3500円に戻るという事だ。
3年目での月額は5200円と1200円高くなり年間では14400円の出費が増えるという事になる。

申し込みから利用開始までの時間

ポケットWifiの時には説明や記入込みで1時間もあれば終わり数時間後に再来店をすればその日から利用が開始出来ていたがフレッツ光の申し込みは自分が体験した店頭申し込みの場合、回線とプロバイダの説明だけで1時間がかかり申込書の記入とその場でNTTと直接電話で工事日を決定するまでに更に1時間、実際に工事が行われるまでに2週間~1ヶ月程度となっている。ポケットWifiと比べるとフレッツ光は利用開始までにかなりの時間を待たされる事となる。

オプションの解約が大変

特典にて現金やポイント、商品などが良くあるがこれをもらう為にはかなり多くのオプションに追加で入る必要がある。
大体のオプションが無料期間1~2ヶ月となっているが解約をうっかり忘れてしまうと月額が15000円や20000円になるケースもある。
申し込み時の説明がとにかく長いのでオプションの説明をされてる辺りで意味がわからなくなってそのまま放置してしまうのが一番怖い。
電話でオプションの解約は出来るがNTT、Yahoo共に電話が繋がるまでが長いので何かの片手間に電話するくらいじゃないと繋がった頃にはこちらは怒りMAXで話し始めるはめになる。

まとめ

月額1000円前後のアップと10000~15000円程度の初期費用、1ヶ月程度の工事期間で快適なネットサーフィン環境を利用できる。
実際面倒なのは最初だけでそこを乗り切ってしまえば後はストレスフリーな環境が待つのみなので是非お勧めしたい。
注意があるとすればプロバイダーによって夜間のゴールデンタイムが速度低下が起こる可能性があるので申し込む際にはプロバイダだけは注意したい。

オプションの外し忘れにはご注意を!