【NikonD3200レビュー】ダブルレンズキットの使用感とは!?

D3200

ニコンのD3200 のレビュー記事です!

一眼レフ選びに迷っている人は参考にしてみましょう。

NikonD3200の良かったところ

安価で手に入ります

一眼レフを持ちたいけど初心者っていう人が手軽に始めるのにオススメです。
値段がそれほどかからずにレンズまで2本もセットで手に入ります。
コンパクトデジタルカメラとどう違うのだろう?そんな疑問から始めるのには、十分なセット内容です。

珍しいカラーデザインが気に入りました

D3200 赤色 ダブルレンズキット カメラと聞くとやはりベーシックな黒色のものが多く、最近では女性向けにピンク色や白色などの可愛い色のものを発売しているメーカーもあります。

その中でも落ち着いた赤色のデザインというものは珍しかったので気に入っています。

操作性に優れています

D3200 赤色 ダブルレンズキット2

さすが、エントリーモデルと呼ばれる中でも初心者向けのモデルです。
色合いの設定など少し触ってこだわりたいと思ってもどう操作していいのかわからないところに、初心者でも簡単に「どういう場面の撮影か」という項目を選ぶだけでカメラが自動的に色合い設定などを調整してくれる機能があります。
最初はそういうところを触りながら、少しずつホワイトバランスや絞り、シャッタースピードというものをどういうふうに設定したらいいのかを学んでいくことができます。

自然な色合いで撮影できる

D3200 赤色 ダブルレンズキット3

(↑撮影した写真)

もともとニコンを選んだ理由がこれでした。周囲の意見を参考に買って、だいぶ慣れてきたところでその言葉の意味がわかりました。
周囲は他にキャノンのものを持っている人もいて撮り比べをさせてもらったことがあります。
色合いは人によって好みが違うので何とも言えませんが、ニコンは自然な色合いに撮影できるので、人を撮影するのにはとても向いていると思います。

NikonD3200の悪いところ

 暗いところでの撮影には少し不向きです

カメラがシャッターを下ろすのに風景を見るための部分に「イメージセンサー」というものがあり、この感度によって画質などが左右してきます。
この部分について言えば、やはりエントリーモデルの中のエントリーモデルなので夜に星を撮ろうとした時に性能の低さを実感しました。

日中明るい場所での撮影は全然気になりませんが、慣れてきて普段撮影したことがないものを撮影しようとすると物足りなくなることは事実です。

セットでついているレンズをすぐに使わなくなりました

ダブルレンズキットとしてついてくるレンズは実際に下取りに出してもそれほど値がつきません。
理由はそれほど中古で市場に流通しているということも挙げられますが、逆を言えばそれほど買ってから手放す人が多いということです。

自分の中では、「初心者だし少なくともしばらくはこのレンズを使い続けるだろう」と思っていましたが、実際には1ヶ月もしないうちに別のレンズに買い換えました。
自分はカメラを買ったらハマってのめりこみそうと思ったならボディだけを購入し、レンズは最初から別で買うことをオススメします。

重く持ち運びに不便です

私が使用しているレンズが非純正ということもありますが、とにかく重いです。
少しお金を出して他のメーカーのものなどを見ると、中にはとても本体が軽いものもあります。
持ち運びにはしっかりとしたカメラ専用バッグに入れることをオススメします。

一眼レフを買うということは、コンパクトデジタルカメラとは違い、ボディはボディ、レンズはレンズという考え方で組み合わせて初めて満足のいく写真を撮ることができるようになります。
実際に触ってみなければわからない部分が多いので、買う前に周囲に一眼レフを持っている人がいるのであれば、何度か試し撮りをさせてもらうなどをした上で、十分に嗜んでからでも遅くはないと思います。
あなた自身が、はまってのめり込む性格かどうか、またどんな色合いで撮影される写真が好みなのかといったところを熟知してからカメラとレンズ選びを始めましょう。