コスパの高さで買いました!『triple.fi10pro』

triple.fi10pro

イヤホンに高音質を求める人たちの間で人気の高いアルティメット・イヤーズの『triple.fi10pro』です。

3万円を切る価格で上位機種に引けをとらない再現能力はコスパの面からしてもトップクラスだと思います。

triple.fi10proの良い点

triple-fi10pro

音質

BA型独特の音の解像度には納得するしかありません。思わず普段聞かないクラシックなんかも聞きたくなるくらい魅力的で艶のあるサウンドです。

ボーカルの生音感がすごくて楽器が少なくてアカペラに近い録音状態のものだとさらにその特性が現れます。生ドラムのリム音やギターの弦の擦れ音などが忠実に再現されるので、スタジオ感の強い録音のものだと、臨場感が怖いほど

高額なヘッドフォンにありがちな「雰囲気の無さ」みたいなものはさすがにカナル型ではあり得ません。ハマって聴く時にも十分雰囲気があり、高音がフワーと広がるような開放感は最高です。

個人的には少し古いラバーズ系のレゲエやハワイ系レゲエなんかの明るい雰囲気の楽曲が合う感じがします。BA型では珍しくシンセ系のサウンドでも違和感なく聴けて、ロック・ポップス系でも迫力不足は感じないのが万能です。どのジャンルの音楽にもそれなりに対応してくれ、イヤホンの使い分けは面倒なので助かります。

価格

この音質でこの値段は絶対に安いし、これより上位を狙うなら大幅に価格を上げないとレベルアップした意味がないくらいにコスパは高いです。

人気機種ですが通販サイトを見ると値引率が大きいようにも感じるのはShureと比べるとブランド力が低いから?でも買う側からするとうれしいことで、安くて高音質が手に入るなら、それに越したことはありません。

フィット感

フィット感がいいです。つけていて疲れないし、どこも痛くなりません。

カナル型は無意識のうちにグイグイ中に押し込んでしまいがちですが、すんなり入って外した時にも耳孔にダメージが残らないのがグッドです。

triple.fi10proの悪い点

triple-fi10pro2

音質

やはり音質重視のBA型なので、ダイナミック型のバチバチ系な音が好きな人からすれば大人しく感じるかもしれません。

バスドラムとベースの低音が命・・な人はグライコのドンシャリセッティングでカバーしましょう。それと音源に忠実なために聴く楽曲によっては「冷たい音」と感じる場合もあります。

エコー系成分が薄れる性質があるのは音が前に飛び出てくる特性のイヤホンの副作用ですね。サラウンド・アプリでエフェクトをかけるとましになります。大編成のバンドの楽曲を聴いた時に少しだけ低音にこもりを感じました。

デザイン

ちょっと本体が大きく感じます。

音質的な理由からのデザインなのかもしれませんが、最近流行りのデザインではない気がします・・

価格

高音質を追い求めてきた人にとっては「安い」。それほど音質を求めていない人には「かなり高い」。

2万8千円程度ですから、数千円クラスを買っている人はなかなか手を出さないグレードの機種ですね。

まとめ

いい音でスマホの音楽が聞きたい・・と言う人でイヤホンのレベルアップを考えているなら、この価格帯まで一気にジャンプアップした方がいいと思います。

この価格帯のイヤホンは当たり外れが少なくて、たまに「triple.fi10pro」みたいな超コスパの銘器もありますので。