重低音が凄すぎる!ソニーのカナルホン『MDR-XB70』

220951 2

ソニーの重低音特化型カナルイヤホン。

XB(エクストラ・ベース)の製品名そのままの重低音サウンドが特徴的です。ダンス系、デジタル系サウンド、シンセサウンドなどダイナミックな音楽には最適です。ただ単に低音ブーストしただけではない低音のクリアさも、このイヤホンの魅力です。

MDR-XB70の特徴

レビューを紹介する前にまずは、このイヤホンの特徴からです。

重低音のグルーヴ感をあますところなく伝える「ベースブースター」

ドライバーユニットから鼓膜までの気密を高めつつ、ハウジング上に設けたダクトにより低域の振動板の動作を最適化。圧倒的な量感の低音を正確なリズムで捉えることで、重低音のグルーヴ感をダイレクトに伝達します。

制振性に優れたアルミハウジング

切削アルミニウムで構成したハウジングを大容量化することで、低域のスムーズなレスポンスと、クリアで艶のある中高域を両立したサウンドを実現します。

新しく開発された振動板

振動板を新たに開発し、最小のエッジ幅で最大の可動性を獲得。更に、16mmドライバーユニットと同じサイズのドーム面積を実現。振動板の有効面積を最大化することで高い感度を実現します

アングルドイヤーピース方式

ドライバーの小型化によりアングルドイヤーピース方式を実現。耳の奥まで装着できるので遮音性が向上し、快適な装着感と高音質を両立します。

MDR-XB70の良い点

リアルな音質

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-22-0-38-51

聴く音楽は選んでしまいますが、ダンス系、クラブ系、またはテクノ系などの打ち込みサウンドでは本領発揮!というところでしょう。本当にクラブで感じる「肺の共鳴」があるかのような錯覚してしまうようなリアルな音質。
グライコの低音をブーストしただけでは再現できない独特の重低音はクセになります。ドライバーユニットの気密性を高めて低音を逃さない、という構造なので録音レベルの低いソースでも十分な迫力を得ることもできます。
スカなどラテンアコースティック系ダンス音楽なども意外なマッチングをみせ、楽曲を現代風にリメイクしたかのように鮮明に聴くこともできます。ブラスの音さえ図太くなり臨場感が数倍にアップする感じでハマリ込めますね。グルーブ感がアップするかのようです。

デザイン

mdr

削りだしのアルミがハウジング部分に貼り付けられたようなデザインは「本格プロ志向」を思わせるような質実剛健なイメージでかっこいいです。最近流行のシェイプのかかったフォルムもおしゃれで、音にこだわりがある人の雰囲気に合ってます。

フィット感

MDR-XB70_model_b

フィット感や使い心地は2千円クラスとは比べ物になりません。
接触部分の感触からは「素材の良さ」すら感じますし、ちゃんとした製品を使っている・・という気分になれます。
密閉度はかなり高いので遮音性はバッチリです。実際に聴いている迫力のある音とは裏腹に、外部にはほとんど音漏れなありません。

価格

スマホ付属イヤホンからのステップアップとしては手頃な価格でしょう。
2~3千円の価格帯を何個も試し買いするなら思い切ってこのクラスを狙うべきです。

MDR-XB70の気になる点

音質

ここまでコンセプトを打ち出す機種なのでしかたありませんが、生声に近いボーカルサウンドやジャズ、クラシックでは厳しいものがあります。広いジャンルを聴く人ならもう一台フラット特性のイヤホンも必要でしょうね。

高音に伸びがないわけではないけどミドル帯域がカットされたような独特な音質なのでどうしても温かい音は埋もれがちになります。
小さく繊細な音がソースに含まれているものだと全くの「別物」に聴こえてしまいます。
スマホなどプレイヤー側のセッティングがフラットでも十分な臨場感を味わえる反面、イコライザーやサラウンドの効きが悪く、微調整が難しいというデメリットもあります。

まとめ

とにかく「特殊」なシリーズのラインナップの一つでしょう。
合う人と合わない人が分かれますが、ぴったりな人なら他は使えなくなるほどの相性の良さを実感できると思います。
昔から重低音をうりにしたイヤホンはありますが、子供だまし的なものも多くずっと使い続けるのは辛い・・というものが大半でした。
「低音が太くて解像度も欲しい」という人にはうってつけです。

220951 2