【レビュー】SONY【MDR-CD900ST】は低音が良い感じです

SONY MDR-CD900ST

SONYのMDR-CD900STというヘッドホンのレビュー。

アマゾンでベストセラー1位を獲得ということで人気もそれなりに高いです。購入を検討している人はこの記事を参考にしてみましょう。

私がMDR-CD900STを買った理由

私は普段、趣味で音楽鑑賞や、曲作りをよく行うので、手ごろな価格で音質も良い、というヘッドホンを探していました。それまで使っていたものには、音質的に満足できず、購入を決意したのです。そんな時に出会ったのが、このソニーのヘッドホン。

高いヘッドホンは、それこそ数万円から数十万円するものまでありますが、そこまでのお金をヘッドホンにはかけられなかったので、このヘッドホンを検討していました。値段については、1万円ほどで買いました。これは安い、といった感じで感激。高すぎず安すぎずといった感じで、あまりにも安いヘッドホンでは、音楽鑑賞や曲づくりのに使えないと思ったのも、購入のポイントでした。

値段の割に作りがしっかりしており、5年使っている今でも、特に問題なく故障もなく使えています。その点で考えると、コストパフォーマンスはすごくいいのかも。

MDR-CD900STの良いところ

mdr-cd900st

細かいサイズ調整ができる

このヘッドホンのいいところは、頭のサイズによって細かなサイズ調整が出来るところ。また最終調整をした後に、カチカチッという風にしっかりと止まるので、頭に付けてる違和感があまりなく、ずれるようなこともありません。

ずれるヘッドホンほど使い心地が悪いものはない。また頭の部分のクッションや、耳に長時間つけていても、締め付けられるような痛みがなく、つけ心地が大変良いです。長くつけていると、耳などに痛みが出てくるヘッドホンなどは、安い証拠です。その点で、このヘッドホンはそのようなストレスを一切感じません

低音が良い

ヘッドホンに求める、大事なポイントである音質。このヘッドホンの本質については、低音が非常によく聞こえる印象です。特に音楽などでは低音を重視することが多いので、ベースラインやドラムのバスドラなど、低い音程が立体的に聞こえます。そのおかげで、音楽にがドンシャリ的に聞こえ、メリハリがつき、とても気持ちがよく音楽を聴くことができるしできますし、作曲の際にも非常にその使い勝手がよく出ています。

このヘッドフォンを使ってしまうと、イヤホンやその他の安いヘッドホンが使えなくなるほど、音質が素晴らしい。
また音を聞いている時の感想としては、基本的にボリュームを上げていくと、ノイズなどが際立って聞こえていくのですが、このヘッドホンはそのようなノイズをカットしてくれるような印象です。そのために、曲本来の音や聞きたいメロディラインがはっきりと聞こえます。

その他の使い方

最近では、曲づくりや音楽鑑賞だけではなく、プラグに変換ジャックをつけ、iPhoneにつけて音楽を鑑賞をしたり、ゲームで使用したりすることも。特にゲームなどで使うときには、まるでその場にいるかのような立体的な音感、本質は素晴らしいものがあります。他にもさまざまな用途に活躍してくれるこのヘッドホンは、今や生活には手放せない存在です。これからもこのヘッドホンで、音楽ライフを楽しみます。