とにかくコスパがいいASUS ZenFone 5 16GB SIMフリー

SUS ZenFone 5 16GB SIMフリー
SUS ZenFone 5 16GB SIMフリー

ASUS ZenFone 5 16GB SIMフリーを使用しています。

ASUS ZenFone 5 16GB SIMフリー ASUS ZenFone 5 16GB SIMフリー2 ASUS ZenFone 5 16GB SIMフリー3

今回はこのASUS ZenFone 5 16GB SIMフリーのレビュー記事です。

SIMフリー端末ということで、気になる人pも多いかも。参考にしてみてください。

良い点

E146_lalaganyubisasu500

コストパフォーマンスがとにかくいい

本体価格は2万6000円程度なのですが、この値段にしては動作がスムーズだったり、
安価なスマートフォンとして考えたならとても満足のいく内容でした。
だいたいこの価格帯のスマートフォンの場合、CPUの性能が低かったりするので、
高画質なゲームアプリで遊んでいたりすると電池の消耗が激しかったり、遊んでいる途中で画面が固まってしまうのですが、そういったストレスも感じることがありません。

画面が大きく見やすい

画面サイズも5インチと、使いやすい大きさで見やすいです
しかも画面にはCorning Gorilla Glass 3という指紋がつきにくいガラス素材を使用しており汚れたなと感じた時に軽くティッシュで乾拭きするだけで綺麗になります。

筐体に使われている材質がいい

電池カバーに使われているのは樹脂素材なのですが、アルミのような光反射がするにも関わらず、マットな肌触りが高級感を出しています。

 

 悪い点

OOK92_ehoumakikotoshinomuki20150201175225500

 バッテリー交換ができない

バッテリーが本体と一体型になっているようで交換できない仕様のようで、電池カバーを開けるとSIMカードとSDカードを挿すスロットしか自由に触ることができません。
コストパフォーマンスのいいスマートフォンなので、まぁ壊れて交換となってもさほど気になる値段ではないので構わないのですがデータの移し変えとか考えるとちょっと辛いですね。

 容量が少ない

こればかりは、コストパフォーマンスがいいが故に自分が贅沢になっているだけかもしれませんが、16GBだとちょっとゲームアプリを入れたらすぐに容量がいっぱいになってしまいます。

少しばかり持ちにくい

画面サイズに対してのフレームが少し太めなので、背面の電池カバーが多少丸みのあるデザインになっており助かっていますが、それでも片手で操作するには指が届かないところがあります。

スマートフォンケースを探すのに苦労します

格安スマホとして発売された機種のため、まだまだ家電売り場でさえ、スマートフォンケースの発売が少なく、自分好みのケースを探すのに苦労します。
フレームが太い分、ちゃんと選ばないとそれこそ嵩張るので購入して半年近くになりますが、まだケースには入れず持ち歩いています。

カメラの画質が少しばかり悪い

以前使っていたスマートフォンと比べてなのですが、画質が悪いのかしっかりとピントが合わないのか画質が悪いように思います。
無料の無音カメラアプリで撮影した方がまだ綺麗に撮れているような気がします。