NAVERまとめは本当に稼げるのか??試してみた結果

NAVER
naver_matome

巷で話題のまとめサイト「NAVER」。トップページにはさまざまなまとめが日々更新されており、ネタが無い日はありません。このNAVERには「まとめインセンティブ制度」という制度が導入されています。

まとめインセンティブ制度

NAVERではアカウントを作成した人全員が無条件でこの制度に加入したことになっています。見るだけなら特に何もありませんが、自分でまとめを作り、その閲覧数によって報酬がもらえるという制度です。報酬額は一般のまとめが0.2円/ポイントとなっており、毎月1日に「見込みポイント」が付与され、そのポイントからレートによって計算された金額が確定し、翌々月の10日ごろに支払われます。

支払い方法

メールで配信されます。支払いが確定すると、楽天銀行の「メルマネマスペイメント」サービスを利用して報酬を支払うシステムになっています。楽天銀行に登録していないメールアドレスで支払いを行う場合、楽天銀行からメールが来ますので、そこに記載されているリンクから口座情報などを入力して振り込むという方式になっています。

実際にまとめを作ってみた体験談

私も実際にいくつかまとめを作ってみましたが、画像はネット上から検索してすぐに貼り付けることができますし、見出しや本文の見せかたなど、編集技術のある方ならかなりのまとめができるのではないかという印象を受けました。しかし、ただまとめれば良いというものもなく、もちろん大切なのは「何をまとめるか」にかかっています。私はアニメのセリフやマンガの登場人物の特徴、面白いゲームなどのまとめを作りました。実際に作ってみると、これほど作りやすいテンプレートはありません。ブログやサイトを作るより数倍簡単です。まるでパズルを組みあわせて作っていくかのような面白さがあり、初心者でも本当に簡単にまとめを作ることができます。

儲かるのか?

NKJ56_mankenmottekuchiwokakusu500

結論から言うと、私がNAVERまとを行っていたときは月に3,000円ほどの報酬額でした。しかし、それ以上のまとめをどんどん作成すればもっと稼げたかもしれません。一度作ったまとめは残り続けますので、例えば流行りの話題にいち早く飛びつき、その事例に対してのまとめを次々と作っていけば、実際はもっと稼いでいる人もいるのでしょう。しかし、週に2個ほどまとめを作成すれば、お小遣いにはなりますし、100円ショップなら30個も物が買えるほどの金額です。それが定期的に入ってくるとなると、ちょっとおいしいお小遣い稼ぎ程度に考えておくのも良いかもしれません。

おすすめできるタイプの人

LISA78_MBAsawaru20141018102912500

編集作業が苦にならない人はおすすめです。画像の横に文章があるだけで、なんだか自分が新聞を作成しているような気分になれますし、レイアウトセンスのある方、ネタの選定に自信がある方、「このネタなら絶対に他人には負けない」と思っている方や編集社や出版社にお勤めの方などにもおすすめです。何よりもテンプレートや作成方法が細かく設定されているので、作ることそのものが楽しいと思える方もきっといるはずです。

ブログやサイトを開くにはちょっとハードルが高いなと思っていたり、それ以外で簡単に作ることができ、自分の知っている情報をまとめて発信し、かつ、報酬を得たいと思っている人にはうってつけのツールであると私は思います。

最後に

ネット社会では「まとめ」が人気です。私はブログ運営もしていますが、人はとにかく何か情報が「まとめられたもの」を見たいと思うのです。特に最近はスマートフォンなどの携帯メディアが主流ですから、仕事や勉強の空き時間にまとめを見て知識を得たいと思う人が多くなってきていることの証明でもあるのでしょう。ですからNAVERまとめのようなまとめサイトが流行ったのも時代のニーズに合致したということからだと考えています。