タブレット初心者がASUS MeMO Pad 7 (ME572CL)を購入

K0000705041
K0000705041

口コミサイトでも高評価の「ASUS MeMO Pad 7 (ME572CL)」を買ってみた

MeMOPad7(ME572CL)とは

IMG_2502IMG_2503

MeMOPad7(ME572CL)はエイスースから発売されているLTEモデルで、薄型・軽量7インチAndroidタブレットです。
SIMフリー対応モデルであるため、高額なモバイルWi-Fiルーターなどを使用しなくても月々900円程度(2GB)から外出先でデータ通信が可能なモデルです。
ディスプレイ解像度やCPU、メモリなどのスペックでネクサス7から強化され、ATOK日本語システムを標準搭載され、基本性能がUPしています。
おしゃれな外観と扱いやすいコンパクトさは、女性向けにデザインされている感じです。
今回はSIMフリーモデル(ME572CL) を購入しましたが、Wi-Fi専用モデルもME572Cで販売され価格差は10,000円程度ですね。

MeMOPad7 (ME572CL)の仕様スペック

回線速度

ストレージは16GBのみですが、最大64GBまで認識できるmicroSDカードスロットが搭載されています。
大容量の動画や音楽を再生する場合は、microSDカードを使用することになります。
軽量・薄型であるため、男性女性問わず、片手で持っても問題ありません。

裏面は革製のようなデザインで、手触りもよく滑りにくいですね。
カラーはSIMフリーモデル(ME572CL)、ジェントルブラックとホットピンク、シャンパンゴールドが選択できます。
今回は無難にジェントルブラックを購入しました。

機能紹介

スクリーンショット 2015-02-24 10.28.54

ATOK日本語入力システム

MeMOPad7(ME572CL)には、ATOK日本語入力システムが標準搭載されているので、数字とローマ字の入力キーボードがひとつになっています。これにより、パスワードの入力の際に切り替えが必要だった操作も簡単に入力することが出来る。

対応SIM

Hand assembling jigsaw on virtual screen

MeMO Pad 7(ME572CL)はLTE対応のSIMフリーモデルで、SIMカードの規格にはカードのサイズによってnanoSIM、microSIM、標準SIMの3種類がありますが、ME572CLに対応するのはmicroSIMです。

購入したSIMカードはパナソニックから発売されている、Wonderlink LTE I-2Gコース(データのみ、標準SIM)で (\758プラン2GB)を使用いたしました。

panasonic2
756円で2GB パナソニックのWonderlink
http://hikaku-choice.com/?p=2141
「格安sim」 今回購入したちまたでうわさの「Wonderlink」。 月1,000円以内の使用料金でさがしていましたが、これに決めちゃいました。 Wonderlinkはパナソニックが提供する格安SIMサービスで、パナソニックのホームページのみで...

期間限定のキャンペーンをやっていた為、一定期間終了後5,000円のキャッシュバックがあるとの事で、うれしい誤算でした。

少し機種代金はWIFIモデルよりも割高ですが、SIMフリーモデルが用意されているののが決め手ですね。SIMフリーならSIMカードを入れれば通信することができるので、外出先でもWi-Fiルーターなんて必要ありません。スマートフォンをお持ちの場合は、テザリンク機能を使用して外出先などでは通信するのもありですね。

使い方

  • SIMカードをセットしてスマホに認識させる
  • タブレット本体の設定

注意として、SIMカードのブランドによってはデータ通信を有効にしても自動的に設定されないものもあります。
大手のアクセスポイントは設定が内蔵されていますが、手動でアクセスポイントを入力して設定する場合があります。

使い心地

Businesman touching virtual screen
ディスプレイ解像度やCPU、メモリなどのスペックもサクサク動きますね。
スペック面でストレスを感じる事はありませんでした。また、ATOK日本語システムを標準搭載しているのがいいですね。
標準的なアプリはインストールされていますが、使用しないようなアプリがインストールされていて一部削除できないものがあるのが少し残念です。

似ているものでASUS Fonepad note 6という端末もあるので載せておきます。

スクリーンショット 2015-09-16 11.55.47
ASUS Fonepad note 6にIIJmio(みおふぉん)を挿して使ってみた
http://hikaku-choice.com/?p=3619
ASUS Fonepad note 6にIIJmio(みおふぉん)を挿して使ってみました。 使ってみて感じた良い点や悪い点を紹介していきますよー。 ASUS Fonepad note 6を選んだ理由 決め手は兎にも角にも安さでした。元...

まとめ

価格設定はこれまでのASUSのラインナップの中では若干高めに設定されています。
LTEモデルで且つスペックも十分なものがありますので、コストパフォーマンス的にはに納得のいく価格ではないでしょうか。
スペックのしっかりしたコンパクトなタブレットを探している方には是非購入してほしい、おすすめのタブレットです。