まさかのスーパーウーファー入りイヤホンJVC HA-FXZ200

jvc
jvc

 

それまで使っていたSONYのMDR-EX500SLからレベルアップしたくて、たまたまWebの情報サイトで見かけて興味をそそられたJVCのHA-FXZ200を購入して使ってみました。

インナーイヤータイプなのにスーパーウーファー

スクリーンショット 2015-02-24 11.15.37スクリーンショット 2015-02-24 11.15.47

このイヤフォンの最大の特徴は、ちょっと大きめではありますが普通のインナーイヤーでカナル型のイヤフォンであるにもかかわらず、2つのフルレンジ再生ユニットを持ち、さらに加えてスーパーウーファーまでをも組み込んでしまったことにあります。

ある意味、変態的な構成とも言えますが、最近では高価格帯のイヤフォンには複数のユニットを組み込むのがトレンドとなってもいますから、その先駆け的な商品の一つだったかもしれません。

 

 

スーパーウーファーがもたらす良質な低音・重低音

スクリーンショット 2015-02-24 11.13.25

音の傾向としてもやはりスーパーウーファーユニットの存在が大きいです。ただ、ありがちな重低音だけむやみに強調したようなイヤフォンとは低音・重低音の質が全然違うと思います。

すごく下まで質の高い重低音が出ますが、低音だけがぼわぼわとふくらんで他の音の邪魔をするような出方はしません。とても質の高い低音・重低音が節度を守った鳴り方をします。このため人によっては重低音の出方に物足りなさを覚える方もいらっしゃるかもしれません。

また、カナル型イヤフォン共通の特徴として、耳の穴への納まり具合次第で低音の出方が全然変わってきます。しっかりと装着できていない場合にも、低音不足に聞こえると思います。

 

低音域に負けない中音域の元気良さ、情報量

このイヤフォンにはスーパーウーファーの他に、若干特性の異なるフルレンジの再生ユニットが2つ搭載されています。この二つのユニットのおかげで中音域もとても元気の良い音に仕上がっていると思います。

また当然と言えば当然のことですが、価格帯なり、あるいはそれ以上のとても情報量の多い再生をしてくれます。普通に聞き慣れた音楽を流していても、聞こえてくる音の種類がそれまで使っていたMDR-EX500SLは段違い。

当初の販売価格では倍程度の差の機種だったと思いますが、ここまでイヤフォンだけで聞こえてくる音が変わるのかと、正直大変驚いた覚えがあります。

オーディオの鉄則的なものの一つとして、低音・重低音が音楽全体を支える、的なものがあると思います。

下のほうの音がしっかりとしたクオリティできちんと出るようになると、中域や高域まで含めて音楽全体が良く響くようになる、それを地で行っている製品なのかもしれません。