ATH-FC707の使い心地をレビュー

41BHgJ9Yt8L

私が購入したのは、オーディオテクニカのATH-FC707です。価格は家電量販店で購入して5,000円しないくらいの手頃な価格で、まあまあいいものを買ったかな、くらいの値段です。

ATH-FC707の特徴

まずはこのヘッドホンの特徴。

  • レンジの広い高音質を再生するφ40mmドライバー。優れた解像力でクリアな中高音再生を可能にする新設計ドライバーを採用しました。
  • 透き通るデザインハウジングで耳元を演出。透明感と奥行きのあるデザインハウジングは艶やかで質感豊かな印象を与えます。丸いラウンド形状フォルムはファッションにもマッチします。
  • 耳にしっかりフィットする音漏れしにくい密閉型。
  • スムーズに装着できるクイックヘッドバンド機構。装着する前にヘッドバンドの長さ調整が不要です。
  • 首にかける際に便利なヘッドバンドロック機構。ヘッドバンドが最も伸びた状態でロック、未使用時には首にかけておくことが可能です。
  • コンパクトに折りたたみ手軽に持ち運び可能。ハウジングをヘッドバンド方向に回転させることで、コンパクトになるため持ち運びに便利です。
  • 1.2mコード&L型プラグでポータブルプレーヤーとの接続に最適。

ATH-FC707レビュー

img_28425img_28427

用途

外で音楽を聴くために、コンパクトなものをと思って探していて、スリムな見た目だったのでカバンにも入れて持ち運びしやすいこのヘッドフォンを選びました。ですが、今では自宅のパソコンで動画を見る時にもよく使用しています。

音質

最近のヘッドフォンの流行りは低音がガンガン鳴るような、いわゆる「ドンシャリ」系のヘッドフォンですが、私はいろんなジャンルの音楽を聴くし、音楽本来の音そのままをできるだけ聴きたいと思ったので、低音がよく鳴るでもなく高音が鳴るでもなく、ノーマルな感じの音が出るものがいいと思って選んだので、言ってしまえば普通のヘッドフォンです。あまり音質に関しては目立った特徴はないと思います。
ロックをよく聴くという方はドンシャリ系のSONYやBOSEのヘッドフォンがいいと思いますが、私はクラシックなどもよく聴くのでこのヘッドフォンが丁度いいくらいです。

着け心地

耳に当たる部分は柔らかくなってはいますが、楕円形ではなく円形なので、完全に耳を覆う形ではなく、耳に「当てる」「置く」ような感じです。そのせいか、長時間装着していると耳にかかる圧力で痛くなります。この点はちょっと購入して失敗したなと思うところです。クッション部分も、高いヘッドフォンなら装着時の着け心地も考えられてしっかり作られているのでしょうが、このヘッドフォンは5,000円くらいのものでヘッドフォンの中でも安い方なので値段相応の質です。
長時間使わないならどうにかなるレベルですが、耳が痛くなるのが気になるようだったら円形のタイプは買わない方がいいかもしれません。

持ち運び

折りたためるタイプなので、カバンに入れていても特に邪魔に感じませんでした。重量も、気になる程ではなく軽いのでずっとカバンに入れていても重くてしかたないと感じることはありませんでした。

まとめ

5,000円のヘッドフォンにしては、コストパフォーマンスがいいかなと思います。音質も高音も低音も平等に響いてくれるので悪くないし、イヤホンで音楽を聴くよりは断然音がいいです。密閉型なので音の鳴り方にも限界はありますが、ものすごく音質にこだわっている、ということでなければ十分だと思います。
耳が痛くなるのが難点ですが、1時間くらい着けたら少し外して休憩するなどして使えば、痛くて仕方ないというほどではないので問題はないと思います。