DropBoxが使いやすいって本当?長所と短所を見つめてみた

dropbox 2
dropbox

今までDropbox、oneDrive、iCloudなどを使ってきて、その中で一番使いやすいと思ったのはDropbox。

 

Dropboxのどこが使いやすいかについて説明したいと思います。

使い始めたきっかけ

私はパソコンを4台持っており、iPhoneやiPadminiも所有しています。携帯端末は容量に限界がありますし、端末間でデータをやりくりするのが負担に感じていました。iPhoneなどはUSBメモリーを挿す場所がないため、メールに添付してデータをやりとりしていたのですが、もっと簡単な方法がないかと思って、友達から紹介されたのがDropboxでした。

 

 

DropBoxの長所

8665550008_51656f991c

photo credit: Jason Mraz @ The Sydney Entertainment Centre_26-3-13_85 via photopin (license)

容量

Dropboxは基本的に無料で2GBの容量を最初から使うことができます、もちろん有料オプションなら年間99ドルで50GBまで容量を増やすことができますので、もし料金的にこれくらいで50ドルで済むならというのであれば有料オプションを利用するのもいいでしょう。自分はいろんなファイルを入れているのですが、まだ15%ほどしか使っていません。容量が余ってると心の余裕が出来ていいですよね。

操作感

操作感でいえば普通にフォルダーにファイルを入れる要領で操作できるので、難しいところは何もありません。iPhone、iPadは専用のソフトを入れると、ストレス無くデータのやり取りができます。
これがiCloudですと、Windowsとの連携に難があったり、oneDriveですとMacとの連携に難があるのですが、Dropboxはそういうところが無くて使いやすく感じます。

ファイルの公開

またファイルを公開する機能もあって、私がよく使っているのは仕事先などでログインするのがはばかられるような状態でファイルを使いたい場合、公開フォルダーに入れてダウンロードしています。
また私はイラストを描くのが好きなのですが、友達にそれを見せる時に、公開フォルダーのURLを教えればいいだけなので、すごく使い勝手が良く感じます。セキュリティー上大切なソフトは公開フォルダーには入れられませんが、私は遊びのファイルは全部公開フォルダーに入れています。

共有

また私は使っていないのですが、ファイルを共有する機能もあって、アクセスする権限を制限できるということなので、ビジネスでもすごく使い勝手がいいと思います。現在私の職場ではLANを使っているのですが、Dropboxですと、外出先からも容易にファイルにアクセスできるので、すごく使い勝手がいいなと思います。

 

●携帯端末でも便利
パソコンの場合は最近のディスク容量は大容量ですからそれほどありがたくない容量ではありますが、なんといってもタブレットやスマートフォンといった携帯デバイスからも簡単にアクセスできるのがいいです、アンドロイド用のDropboxで使えるファイラーもありますのでそういったファイラーをインストールしておけばスマートフォンでも一気に容量アップです。

 

DropBoxの短所

7112595007_1884ca5636

photo credit: Pondering via photopin (license)

ファイルの選別

データをインターネット経由でやり取りするので、公式で高いセキュリティーは謳っていますが、どうしても部外秘のファイルは扱いづらいです。
またiOSアプリで写真を自動的にアップロードしてくれる機能もありますが、私はメモ感覚で写真を撮ることが多く、そういったファイルまでアップロードしてしまうので使いづらく、私はオフにしています。
また、ファイルをiOSで一括して削除する際の操作感はもう1歩だなと感じます。

 

使用する

PAK86_testderuzo20141123172553500

同期

DropboxはWebを使ってファイルを同期することもできますが、それ以外にパソコン上の専用フォルダにまるでローカルディスクに保存するかのようなインタフェースで出し入れすることができるのがいいですね、これなら普通にDropboxフォルダにファイルをドラッグするだけで自動的にクラウドと同期されますのでとっても重宝しています。

自動アップロード

そしてもっと便利だと思う機能に自動アップロードがあります、例えばスマートフォンのカメラで写真を撮った時に、そのスマートフォンから自働的にDropboxにアップうロードしてくれるため、家に帰ってからパソコンにつないで写真をコピーして保存するといった手間がありません、まるでWiFi付きのデジカメ感覚で使えるわけです。

ディスク容量に注意

ただ、ディスク容量の少ないパソコンをお使いの場合は注意が必用です、自動同期を利用している場合はパソコンのローカルディスク上にも同じファイルが存在することになりますので、実はその分容量は減っています、最初から大容量ハードディスクを使っているという方なら特に気にする必用もない程度ですが、ローカルのディスク容量を節約しようとしている方などはWebからログインしてファイルを管理しておいたほうがいいでしょう、その分使いがっては悪くなりますがディスク容量は節約できます。

バックアップにもDropbox

パソコンが突然壊れた!そんな時にもDropboxが使えます、もしバックアップしていたハードディスクも壊れて読み込めなくなったりしたら最悪です、そんな時でもDropboxにバックアップしておけば大丈夫です!

 

こんな人にお勧め

N112_penwomotujyosei500

一般

容量がいっぱいになったスマホを使っている人なんかにはかなり使えることでしょう。スマホの容量がいっぱいになってもクラウドの容量があればクラウドに保存することが出来ますからね。

iPhoneなんかはSDカードが使えないから特に便利に感じるんじゃないでしょうか。動画など容量の大きいものをバンバン入れていくとDropBoxの容量も少なくなるから注意。入れるなら画像なんかがおすすめです。

 

ビジネス

うちの会社は不動産関係なのですが、昨年末にドコモのタブレットを1台社長が買ってきました。
適当に使ってって言われていたのですが、しばらくはそのまま適当につかっているだけだったのですが、ふと、ここにDropBoxインストールしたら?と思って、インストールしたことでDropBoxの存在が劇的に変わったのです。

それまでは、物件写真は携帯で撮って、SDでパソコンに持ってきていたのですが、SDを外し、アダプタにはめてパソコンに差し込んでファイルを選んで、という操作を繰り返していました。
そこまで面倒なことだとは思ってなかったのですが、タブレットに入れたDropBoxを使ってタブレットで写真を撮って、DropBoxに投げるだけでパソコンに物件写真が届く。こうなってくると、かなり楽ちん。
しかも、これまでなら、物件写真をとってそれをパソコンで作業する際には、自分自身が事務所に戻らないとできなかったことなのですが、DropBoxで送っておけば、事務所に残っている人でも、物件写真が扱えるようになるので、自分自身が戻らなくても
なんらかの作業ができるのです。急ぎの物件や少し離れた物件で戻るのに時間がかかる時など、すごく助かる。

 

Dropboxは一般で使うにもビジネスで使うにも大きな可能性を秘めているシステムだと思います。遊びで使う分には特にオススメできるサービスです。