Docomo dtabって安いけどどうなの?使ってみて分かったこと

dtab5
dtab5

 

今回はd-tabのレビュー記事。

値段が安いd-tabだけど、実際のところどうなのだろうか?

■タブレットを購入するに当たって

●パソコンほどの画面の大きさはなくとも、スマートフォンよりも画面サイズが大きく、持ち運びができる便利なタブレットは、最近では様々な用途に使われています。私の場合は、使用していたノートパソコンが壊れたために、持ち運びができるという利便性に惹かれてタブレットを探していました。しかしどのタブレットも、値段が非常に高いのです。そのために、やや安価で、そしてスペックもほどほどなタブレットはないものかと探していましたところ、このドコモのd-tabに出会いました。
dtab1dtab2

■d-tabの良い点

まずは、d-tabの良いところから!

5184388990_6987f9be93
photo credit: HAPPY via photopin (license)

●コスト面での良さ

一番惹かれた点は、ドコモユーザーであれば、1万円を切るという安価で購入できる点でした。一般的にタブレットを購入すれば、3万円から4万円は必ずします。その3、4分の1で購入できるというのですから、これは破格といっても過言ではありません。実際は9950円でした。すぐにドコモショップへ行き、ドコモのタブレットについて色々と聞いていました。

●大きな画面サイズ

dtab3

ドコモのD-tabの利点は、このコストパフォーマンスに加えて、画面の大きさです。一般的によくあるタブレットの1.5倍から2倍ほどあるこのドコモのタブレットは、非常に画面が見やすく、ノートパソコンの代わりのように使えそうだと感じました。

●その他の良いところ

また契約の内容においては、半年間、無料で様々な映画や動画が楽しめるという特典も付いてきました。デザイン性については、様々なカラーバリエーションがありますが、私の場合はシンプルな白を選びました。汚れが目立ちやすいなどと言われていますが、購入と同時にレザーカバーを買い、傷や汚れは現在でもほとんど見られない、ほぼ新品同様を保っている状態です。画面の解像度は非常にきれいで、写真などをとっても、やはりきれいさはまずまずといえます。

 

■d-tabの悪い点

4231405740_83a149a52c
photo credit: Glum Christmas via photopin (license)

●くっつくような感度はない

実際に使ってみるとは、やはりiPadなどと比べると画面の感度がよくないという印象があります。指にくっついてくるような感覚ではなく、やや遅れて画面が切り替わるという点では、多少ストレスを感じる時もあります。

●通信速度とメモリー不足

また通信速度については、自宅においてはWi-Fiをつないで使用したり、野外で使う場合は、使用しているスマートフォンのテザリング等などから通信を利用していますが、その遅さにややストレスを感じるところもあります。またアプリをいくつか同時に起動していると、読み込み速度が非常に遅くなるために、画面が固まってしまったり、数分間その画面から移動出来なかったりするという点では、やはりメモリー不足と感じる時もあります。そのために、急いで何かをするときなどには、あまり向いていないタブレットとも思います。

●その他の使いにくさ

また戻るボタンや、進むボタンのサイズがやや押しにくい点もあり、画面を間違って押してしまったりと、ストレスを感じる決まります。このドコモのタブレットは、私の場合はノートパソコンの代わりに使いたいということで、キーボードやマウスも同時に購入しましたが、やはり実際に使ってみると、そのような使い方もあまり向いていないと感じました。メモリ不足で、画面が固まってしまうことが多く、文章を打つときなども、遅れて文章が表示されたりなどサクサク動くという感じではありません。

●まとめ

このドコモのディータブの一番のメリットは、やはりコストです。その他の利便性や通信速度などのデメリットをカバーするのが、やはりこのコストだと思います。とにかく安価でタブレットを購入したい、またこだわりがなくとにかくタブレット使ってみたい、という初心者が始めるにはいいタブレットかもしれませんが、長く使用したり、メインのタブレットとして使用するにはやや力不足と感じます。