【Amazonをさらに安く】もっと値段を抑えて買う事ができるサービスを紹介

Amazonを使って商品を買っている人はけっこう多いんじゃないでしょうか。

今回はAmazonのもしかしたら得するかもしれないサービスを紹介しますよ。Amazonユーザーの方は参考にしてみてください。

photo credit: Up there? via photopin (license)

Amazonのお得サービス

Amazonプライム

11979334744_5e507891c3photo credit: 16/365 – He’s arrived…. via photopin(license)

アマゾンにはご存知の通り、当日配達できたり、日時を指定したりといった配達サービスも整っている。でも、もちろんこれらのサービスは通常配送よりお金がかかってしまいます

  • 当日お急ぎ便…514円
  • お急ぎ便…360円
  • お届け日時指定便…360円

送料だけで514円も取られるのは嫌ですよね。500円あればいろいろ買えます。

でも、この送料がAmazonプライム会員なら全部無料になってします。お届け日指定便も当日お急ぎ便も無料になってしまうんです。

年会費は3900円

普段からお急ぎ便なんかを使っている人は、月一回の買い物でも年間にしてみれば、年会費の3900円を超えるので会員になった方がお得ですね。

さらにはこんな特典もついて来ます。

  • Kindleを使っている人は月一冊無料で本をダウンロードできる
  • 冷蔵庫などの特別配送料が無料
  • 家族は2人までプライム会員になることができる

家族で1人がプライム会員になれば、その家族の人は2人までプライム会員に無料でなることができる。これはいいですね。家族でAmazonを頻繁に利用するならかなりお得なのではないでしょうか。

定期お得便

9708277289_f67848ef83photo credit: read me a story via photopin (license)

商品を注文するときに定期お得便で注文する、みたいな項目がありますよね。

通常料金よりそっちの方が安いですが、定期お得便は定期的に買わなければいけないから通常料金で買おうと思うのではないでしょうか。

でも、実は一回きりの注文でもこの定期お得便は使うことができるんです。定期的に自動で購入する代わりに安くしますっていうサービスだけど、一回買っただけでその後はキャンセルすることが可能です。

通常料金で買うのはもったいないところもあります。定期お得便で買ってキャンセルした方が安いです。

Amazonファミリー

9254868784_de28cae90bphoto credit: “Look Pikachu, It’s A Victini” via photopin (license)

Amazonファミリー会員とは、おむつやおしりふきが15%オフになるサービス。小さい子供のいる家庭にはお得なサービスかもしれません。粉ミルクの限定セールなんかも行われますよ。

  • プライム会員が3ヶ月間無料
  • 5,000円以上のベビー用品のお買物で使える3,900円分のクーポンをプレゼント!(ただし、有料Amazonプライム会員に加入した/している場合に限る)

年会費は3900円。クーポンがあれば実質無料みたいなものですね。

Amazonスチューデント

8592787701_6839096524photo credit: Danbo flexo via photopin (license)

名前の通り、学生を対象にしているサービスです。

  • 書籍の10%ポイント還元
  • Amazonプライム特典を受けられる

年会費は1900円

対象は日本国内にある大学、大学院、短期大学、専門学校、高等専門学校の学生です。このサービスは学生でAmazonを頻繁に利用する人なら嬉しいかもしれないですね。

書籍の10%還元はもちろん、Amazonプライム特典が良いです。普通にAmazonプライムを登録したら年会費3900円ですが、Amazonスチューデントなら1900円!半額で済むという事実。Amazonをよく使う学生は入っておいて損はないかも!

tokkadata

3876769226_0341d40c07photo credit: 有找到嗎?! via photopin (license)

セール品だけを検索することができるサービスです。欲しい商品のジャンルと割引率を指定して検索すれば目当ての商品が出てくる。

  • ジャンル
  • 割引率
  • 検索ワード

この3つを使って検索することができます。割引率は10%、20%…90%、100%と10%毎で検索することができます。検索ワードまで入れればかなり細かいところまで分類することができるますね。

欲しいジャンルは決まっているけど、その中で何を買うかは値段を見て決めるっていう人には結構使えるサービスでしょう。

Amazonアウトレット

5479637411_11e7438348

photo credit: Danboard w/many Melodies via photopin (license)

Amazonアウトレットとは何ですか?
Amazon.co.jp が運営するAmazonアウトレットは、倉庫内で梱包に傷を負った商品・お客様から返品された商品のうち、商品の状態が良いにも関わらず、Amazon.co.jp の厳密な基準では新品として販売しないものを、「アウトレット品」(画面表記上は「中古品」と表示されます)という扱いで、お手頃な価格で販売するストアです

梱包が痛んだ商品をAmazonが販売するサービスです。通常価格と比べるとどれも安く販売されているので、通常の値段では手が出せないっていう人はここから探してみるといいかもしれないですね。

少し傷がついた程度、返品商品で安いのなら許容範囲。中には掘り出し物もあるかもしれないですね。

SNSセール情報

13090556575_22233647ffphoto credit: Something Good via photopin (license)

Amazonのセール情報はSNSを活用するとより情報収拾がしやすいです。

  • ラインではAmazonの公式アカウント

人気商品やセールの情報を乳すすることができます。LINEで情報を受け取りたい人には良いですね。スタンプの配信なんかもあったりします。

  • Twitter

Amazonの公式ツイッターを活用するのもいいでしょう。セール情報から新作商品、限定商品の紹介もあるから幅広く情報を入れることができます。

@AmazonJPSaleというAmazonのセール情報をひたすらつぶやくアカウントもあるから気になったら見てみると良いですね。

あまぞう

6878100719_eee7df4bacphoto credit: 12 February 2012 via photopin (license)

 

Amazon内に存在する商品の過去の値段変動を検索できるサービスです。

過去の値段知って何になるんだよ?と思うかもしれませんが、確かのその通りです。ただ、その商品の底値を知ることができるので、今付けられている値段が高いのか安いのかを見極めることはできます。

今の値段が5000円、過去では4000円の時もあったって分かったら今は買うべきではないのかなーなんて知ることもできますよね。

Amazonは商品の在庫数によって価格が大きく変動することもあるので、意外と便利なサービスです。

amaten

3143623783_efbc9fa901

photo credit: 気になるものばかり via photopin (license)

実は現金でAmazonの商品を購入するよりもギフト券を購入してそれを使って購入した方が安いです。その割引率はなんと3%!そんな割り引かれません。

高い商品を買うとき以外、割引率3%ならギフト券を購入するなんて面倒なことはしたくないでしょう。数万円の商品を買うときならまだいいかもしれないので、使うときには使っていきましょう。

まとめ

意外と得する知らないサービスもあったでしょうか。年会費はかかリマスが、普通に使うよりも安く済んだりということもあります。安く買いたいときなんかにもいろんなとこから見てみると新たな発見があったりしますね。