アメリカではすでに90%がAmazon Echoなどのホームデバイスを持っている!?

まだまだ日本ではAmazon Echoなどを日常的に使っている人は少数派なのかなと思いますが、どうやらアメリカではそうでもないみたいです。

海外のIoTnewsによると、かなりの数の人が使っているとか。

アメリカの90%の消費者はホームデバイスを持っている?

1000人以上のアメリカの消費者を対象とした調査によると、90%以上の人が何らかの形でスマートホームデバイスを持っているみたいです。90%ってかなりの数字ですよね。まさかIoTがここまで浸透しているなんて驚きです。そこまでITの力は便利なものなんでしょう。

70%近くの人がすでに音声認識のデバイスを持っている

音声を認識するデバイスといえば、何が浮かぶでしょうか?Amazon EchoやGoogle Homeが浮かぶ人が多いのではないでしょうか。もしかしたらもう家では「アレクサ、〇〇」と呼びかけて生活に必要不可欠になっている家庭もあるかもしれません。

調査の結果、すでに70%近くの人がAmazon AlexaやGoogleHomeのような音声で操るデバイスを保有していたみたいです。

日本で持っている人はまだレアな部類かもしれませんが、アメリカではすでにこれです。日本で当たり前のように持っている未来が来るのも近いかもしれないですね。

58%が自分プライバシーを心配している

接続されているホームデバイスを持っている人の58%が自分たちのプライバシーを心配しているとも言っていますね。

Amazon Echoでも気になるような問題があったのを知っているでしょうか?急に機器が笑い出したり、自分たちの会話が流失したり、インコでも操作できたりとちょっと怖い問題も起きています。

それぞれ気になる点は上記の記事に書いてあるので、参考にしてみてください。

74%の回答者はホームデバイスが未来に来ると考えているよ

これだけ保有している人が多ければ、その波を感じざるを得ないですよね。手を使うこともなく声で操ることができるのはとても楽です。音楽をかけることもできれば、知りたい情報も喋りかけるだけで知ることができるのは革新的です。

1度使って見れば、その快適さにはまってしまうかもしれませんね。

30%以上の持っていない人は一年以内に購入予定

今持っていない人もやっぱり購入意欲は高いようですね。周りの人が当たり前に持っていれば、自分も持とうと思っちゃいますよね。みんなが機械に喋りかけている未来は何だか怖いですね。そのうちスマホも音声認識技術が高まって街中でもスマホに喋りかけるのが当たり前になるかもしれません。

おすすめのスマートスピーカーは

スマートスピーカーと言えば、Amazon Echoのイメージが強いですが、それ以外にも多くの製品があります。他のAmazonのシリーズだったり、他のメーカーの製品だったり色々あって面白いですよ。

スマートスピーカー17種を比較!おすすめのAIスピーカーはどれ?

2018.04.09

スマートスピーカー選びに迷ったら参考んにしてみてください。