【SRS-X11】ソニーにこんなコンパクトで可愛らしいスピーカーがあったんだね

音楽好きな人であれば、スピーカーを家の中において楽しんでいる人もいるでしょう。スピーカーは大きいものから小さいものまで色々ありますよね。高いものはすごい高いし、安いものはそこまで高くないですが、大丈夫なのかと不安になったりもします。

ソニーにコンパクトで可愛らしいワイヤレススピーカーがあったので、この記事ではSRS-X11というスピーカーについて書いていきたいと思います。コンパクトでそこまで高くないものが欲しいという人には良いかもしれません。。

SRS-X11とは

キューブ状のワイヤレスポータブルスピーカーで、5つのカラーバリエーションを持っています。サイコロみたいな見た目ですよね、大きさも大きくなく、ぶら下げることができるほど軽いです。直径45mmで約215gです。

コンパクトなサイズ感

鍵と比べてみるとスピーカーとしては、かなりサイズの小さいですよね。このサイズ感であれば、どこにおいても困ることはないでしょうし、持ち運びも簡単にできます。

手の平と比べるとこれですからね。角をカットしたこのフレームは、不要な音の干渉を防ぐなど、音響効果にも寄与しているようですよ。

コンパクトでも低音

側面にパッシブラジエーターを2つ配置し、コンパクトな筐体の2面を使って低域を増強しているようです。コンパクトなのに音質も良ければ、なかなか良いですよね。実用出力10Wのフルレンジスピーカーを搭載です。

Bluetoothで音楽を楽しめる

 

Bluetoothに対応したウォークマンや、スマホに保存してある音楽をワイヤレスで送信し、スピーカーで音楽を楽しむことができます。。

動画やゲームの音をワイヤレスで楽しむ

動画の音声をスピーカーに送って、それをスピーカーで流して楽しむことがもできます。スマホやパソコンでYoutubeを流しながら音声だけスピーカーで流すといったようなことですね。スマホのゲームの音声もスピーカー越しに聞くことができます。

電話をすることもできる

スピーカーフォンとして、ハンズフリー通話も楽しむことができるようですよ。スマホを持たないで、スピーカー越しに会話することができるので、結構楽ですよね。

ワンタッチ接続機能搭載

こういった製品はペアリングが面倒な印象がありますが、スマホ等のペアリングから接続・切断・接続切り替えが、ワンタッチで行えるようです。あのペアリングする際の接続の手間がだいぶ楽になりますね。

タッチで簡単接続切り替え

SRS-X11とBluetooth接続中のNFC搭載のスマートフォンや、おサイフケータイ(R)対応Android(TM)搭載スマートフォンなどをSRS-X11以外のヘッドセットなどのNFC搭載機器にタッチすると、SRS-X11とのBluetooth接続を切断し、ヘッドセットとBluetooth接続が完了します。

タッチするだけでBluetooth接続している機器を切り替えることができるのは便利ですね。ワイヤレスのスピーカーと接続してたけど、ヘッドホンと接続したいというときにはタッチすればokということですね。

ダブルモード

SRS-X11同士をワイヤレスで接続し、同じ音楽を2台から流すこともできる。音量が欲しい時なんかには使えそうですが、まあ2台以上はあまり買わないでしょうね。

まとめ

コンパクトで可愛らしいキューブ状のスピーカーがソニーから出ていたんですね。色も5種類あって、サイズも手の平に乗るような大きさで良い感じです。これ色違いのやつ5個全部繋げてみたいですよね。